はじめにどうぞ

はりまるブログへようこそ

はりまる健康相談運営の五十嵐です。 こちらのブログでは、健康情報、日々思いつくことなどを中心に書いていきたいと思います。 専門家として決まりきったことを上から伝えるという内容ではなく、私が日々どのように患者さんたちをみているの...
いろいろ

遺伝子と環境の気になる関係①:エピジェネティクス

子どもの発達を専門にしている私が、なぜ栄養の話をしつこくするのか、理由を書いてみたいと思います。鍵は「遺伝子」の働き方です。 第一弾は遺伝子の基礎的な話です。第二弾は遺伝子と身体の関り合いについてです。 生まれと育ち、どちらが...
いろいろ

たんぱく質とサイキック能力

たんぱく質シリーズのつづき…ですが、ちょっとオカルト内容を含みます。 動物性たんぱく質や動物性脂肪が、いわば“冤罪”で貶められた歴史は理解できても、なぜ人々が簡単にその言説に乗ってしまったのか、不思議です。 おそら...
セルフメンテナンス

野菜の栄養

野菜について、第3弾です。第1弾、第2弾では、野菜の栄養素:食物繊維、フィトケミカルについて見てみましたが、従来の野菜のイメージは「ビタミン・ミネラルが豊富」ではないでしょうか?野菜や果物の栄養について考えます。 野菜の栄養価は変化...
セルフメンテナンス

野菜の効用②:抗酸化活性

前稿につづき、野菜の重要性について考えてみます。 植物特有の栄養素:フィトケミカル フィトケミカルについては、以前の稿でも触れましたが、抗酸化物質としての役割があります。 抗酸化物質は、それぞれが連携しながらネットワーク...
セルフメンテナンス

野菜の効用①:食物繊維と腸内細菌

今まで、栄養関連の記事で“たんぱく質(特に動物性)”を推してきました。理由は、たんぱく質が身体の「構造と機能」の主成分だからです。たんぱく質なしに人の身体は、形を保つことも臓器を働かせることもできないのです。 たんぱく質が不足しない...
いろいろ

病院の不思議話

病院は「生と死が交わるところ」なので、やはりその手の不思議話はたくさんあり、と言っても私はいわゆる霊感がなく見えることがないので、当直中の夜咄的に看護師さんたちから聞いた話です。そんな中から、夏にふさわしい話を紹介します。 *怖いも...
セルフメンテナンス

動物性食品は身体にわるい??:脂肪についての考察

今までの投稿で「動物性たんぱく質が必要だ」ということは理解していただけたでしょうか?でも「動物性食品は身体にわるいんじゃないの?」と心配を聞くこともあります。その疑問について、考察してみたいと思います。 鍵は“脂肪の品質”です。 ...
セルフメンテナンス

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質

今まで「たんぱく質をとりましょう」という記事を書いてきて、意図的に黙ってきたことがあります。「動物性と植物性の違い」についてです。 私の周りでも、たんぱく質を薦めると、豆腐を食べたり“ソイプロテイン”を買ったりする人が結構いますが、...
セルフメンテナンス

親と子のたんぱく質の盛り方 

“肉食系”を自認している健康な方以外のすべての人、特に慢性疾患にり患してる方、多くの女性、こども、老人、炭水化物依存な男性などは、意識的にたんぱく質摂取を増やすことをお勧めします。 たんぱく質摂取は、1回きりではなく“生活習慣”とし...
セルフメンテナンス

たんぱく質推しなわけ

前2つの記事で、たんぱく質の量が足りてないかもしれないと、わかっていただけたかと思うのですが、たんぱく質をとるとムキムキになるとか太ることを、心配される方がいます。 食べるだけでムキムキにはなれない 実際、ボディビルダーの方々...
スポンサーリンク