栄養記事一覧

身体が滞りなく機能するために一番大事なのは栄養です。
身体は新陳代謝や組織修復をといった、病気の治癒やアンチエイジングの機能を本来、持っています。栄養を満たすことで、それらの機能を最大限発揮することができます。

子育て

自閉症のエピジェネティクス:環境要因について考える

前々稿、前稿と『遺伝子と環境の気になる関係』を見てきました。私たちは、遺伝子にすべて規定されているわけではなく、環境の影響も強く受けて、柔軟に変化しながら生きていると、なんとなくでも理解できたでしょうか? その中で、双子研究に触れま...
いろいろ

遺伝子と環境の気になる関係②:環境への適応・発達

前稿は環境がどのように遺伝子の制御に影響するかをみましたが、今稿は遺伝子が作り出すたんぱく質とそのたんぱく質がおこなう身体の機能への環境の影響についてみてみます。前半は細胞の働き方、後半は発達との関連でです。 細胞のあつまりが生命に...
いろいろ

たんぱく質とサイキック能力

たんぱく質シリーズのつづき…ですが、ちょっとオカルト内容を含みます。 動物性たんぱく質や動物性脂肪が、いわば“冤罪”で貶められた歴史は理解できても、なぜ人々が簡単にその言説に乗ってしまったのか、不思議です。 おそら...
セルフメンテナンス

野菜の栄養

野菜について、第3弾です。第1弾、第2弾では、野菜の栄養素:食物繊維、フィトケミカルについて見てみましたが、従来の野菜のイメージは「ビタミン・ミネラルが豊富」ではないでしょうか?野菜や果物の栄養について考えます。 野菜の栄養価は変化...
セルフメンテナンス

野菜の効用②:抗酸化活性

前稿につづき、野菜の重要性について考えてみます。 植物特有の栄養素:フィトケミカル フィトケミカルについては、以前の稿でも触れましたが、抗酸化物質としての役割があります。 抗酸化物質は、それぞれが連携しながらネットワーク...
セルフメンテナンス

野菜の効用①:食物繊維と腸内細菌

今まで、栄養関連の記事で“たんぱく質(特に動物性)”を推してきました。理由は、たんぱく質が身体の「構造と機能」の主成分だからです。たんぱく質なしに人の身体は、形を保つことも臓器を働かせることもできないのです。 たんぱく質が不足しない...
セルフメンテナンス

動物性食品は身体にわるい??:脂肪についての考察

今までの投稿で「動物性たんぱく質が必要だ」ということは理解していただけたでしょうか?でも「動物性食品は身体にわるいんじゃないの?」と心配を聞くこともあります。その疑問について、考察してみたいと思います。 鍵は“脂肪の品質”です。 ...
セルフメンテナンス

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質

今まで「たんぱく質をとりましょう」という記事を書いてきて、意図的に黙ってきたことがあります。「動物性と植物性の違い」についてです。 私の周りでも、たんぱく質を薦めると、豆腐を食べたり“ソイプロテイン”を買ったりする人が結構いますが、...
セルフメンテナンス

親と子のたんぱく質の盛り方 

“肉食系”を自認している健康な方以外のすべての人、特に慢性疾患にり患してる方、多くの女性、こども、老人、炭水化物依存な男性などは、意識的にたんぱく質摂取を増やすことをお勧めします。 たんぱく質摂取は、1回きりではなく“生活習慣”とし...
セルフメンテナンス

たんぱく質推しなわけ

前2つの記事で、たんぱく質の量が足りてないかもしれないと、わかっていただけたかと思うのですが、たんぱく質をとるとムキムキになるとか太ることを、心配される方がいます。 食べるだけでムキムキにはなれない 実際、ボディビルダーの方々...
スポンサーリンク